遅延損害金やローンの金利

返済期日が過ぎて生じた遅延損害金やローンの金利は、依頼を受けた法律事務所などから債務整理開始通知を債権者あてに送付し、借入先に通知が届いたその日から新たに発生することはありません。
とはいえ実際に返済が不可能になってからそこまでに発生した遅延損害金がかなりの額になることもしばしばです。
もし任意整理を選択した場合は減額交渉で、そのあたりも減額対象に含めてもらうよう要請していきます。
5年ほど前の話になりますが、いくつかのキャッシングを重ねてしまい、数百万円の借金を負ってしまいました。
それまではキャッシングとは無縁でしたが、会社が倒産したことが借金地獄の始まりでした。
再就職もうまくいかず、貯金がなくなってしまい、キャッシングを利用しました。
しばらくしてから今の会社で採用してもらえましたが、それまでの借金の返済が苦しく、結果的に債務整理で借金を処分しました。
今は、普通に暮らせているので幸せです。
債務整理の方法に任意整理を選んだ場合は、返済にあたって延滞金や将来利息をカットしてもらう事ができます。
ところが、元金も減らしてもらいたい時は、かなり困難です。
担当弁護士や司法書士の交渉力によっては万一減額の可能性もあるでしょうが、元金の減額を承諾してしまうと債権者にとって損になるのは間違いないので、滅多な事では受け入れられません。