業者からの催促の電話

裁判所が関与しないので手続きが容易なこと、さらに時間がかからないので、選ぶ人が多いようです。
弁護士などに依頼すれば、債権者に受任通知が送付されるので、業者からの催促の電話や郵便もストップします。
ちなみに、同じ債務整理でも、自己破産や個人再生、特定調停を選んだ人は、裁判所を通して手続きを行う必要があります。
ひとくくりに債務整理と呼ばれても、自己破産、民事再生、任意整理はメリットがそれぞれに違っています。
第一に自己破産はあらゆる借金から逃れてゼロからスタートを切れます。
続いて民事再生は住宅ローンは対象外ですがそれ以外の借金について元金の圧縮が可能で、家などの資産は残ったままです。
それから任意整理では月々に返済する額を債権者と話し合って決めることが可能で、加えて借金の利率や借りていた期間次第では過払い金を返還してもらえる場合もあります。
どうにも生活に窮していて債務整理の相談がしたいのに、どうしても誰にも弁護士事務所に行くことを知られたくない。
それか事務所に出向くには忙しすぎるような人には、メールを介して相談することができる事務所も少なくありません。
やはりやり取りにかかる時間は直接や電話よりも多くなってしまいますが、人目につくことなく時間も気にしなくてよいため、相談をする上での気軽さという点ではナンバーワンでしょう。