債務整理は多重債務の状態

債務整理についてですが、気を付けてもらいたいことがあります。
債務整理は多重債務の状態から抜け出すのに必要な方法ですが、手続きが終わるまで数ヶ月は見ておかなければいけません。
中には、この期間中にも資金が足りなくなり、再び借金をしたいと考える人もいるでしょう。
ですが、債務整理の期間中に再びどこかで借金を重ねるようなことは以ての外です。
仮に、このことが伝わってしまったら、裁判所で更生の可能性がないと判断され、弁護士が辞退したり、債務整理が失敗して支払義務だけが残ることもあります。
たとえ、人には言い辛い内容であっても、自己破産の手続きを依頼する弁護士に隠し事をするのは厳禁です。
弁護士は依頼者を信頼して手続きを進めているため、嘘があると計算が狂います。
債務整理のために自己破産するのは、今のままでは債務を支払い続ける能力がないということが法的に認められるということです。
この前提が崩れては、債務整理も自己破産もできないうえ、債権者だって減額を許可しないのは確実です。
嘘をつくことはデメリットしかありませんから、間違っても嘘をつくようなことはしないでください。
債務整理には種類がありますが、いずれにせよ弁護士等による債務整理の介入通知が送られた段階で、借入先による連絡行為(支払いの催促含む)はピタッと止みます。
ただ、同じ債務整理でも個人再生と自己破産では借入先全部が手続きに含まれますが、こと任意整理となると話は別で、一部の債権者を対象に手続きを行うことが一般的です。
ですから対象外の借入先からの督促や取り立ては相変わらずということになります。