5年が経たないとブラックリストから情報が消えません

債務整理の際に、真面目に返済をし終わったとしても、その後しばらくは、クレジット会社に申し込んだりローンを組んで高額な商品を購入することが難しくなります。
それは、借金を債務整理によって整理したとなると、事故アリということで、ブラックリストに載ってしまうからです。
最低でも5年が経たないとブラックリストから情報が消えませんから、時間を置く必要があります。
よく質問されるのですが、弁護士以外にも、債務整理は認定司法書士なら取扱い可能です。
ただ、任意整理の場合には個々の債務が140万円以内に限られています。
これから交渉開始というときに金額の総計が遅延損害金を入れて140万円を超えていたら、法律上、司法書士の身分では交渉を手がけることはできなくなります。
計算さえしていればこのようなことは防げますから、どうしても司法書士に依頼するのであれば、事前に債務額をきちんと整理、把握しておく必要があります。
借金を頑張って返していこうという意欲は悪いものではありませんが、どうにも返済の見込みが立たないときには、任意整理、個人再生などといった債務整理を検討する価値はあるでしょう。
一般に債務整理を行う時期はいつかと言うと、転職などで収入が減り、月々の返済が手取りの30%以上に及ぶ場合が区切りのように考えられています。
債務整理、とりわけ任意整理の場合はこの時期に行われるのが多く、生活が逼迫していなくても危険な状態と言えるでしょう。
仮に独り身の時に債務整理を経験し、現在もブラックリストから外れていない人は、結婚して相手の苗字になったとしても金融機関のローンが利用できるようになる訳ではありません。